読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yuta Watanabe's Blog

開発周りと、その他諸々

Parallels 上の Windows で Windows Phone Emulator を使う

こんにちは。

Xamarin.Forms が Windows Phone にも対応しているということで、Parallels 上で Windows Phone アプリの開発をはじめました。

Windows Phone の開発で使う、Windows Phone Emulator を Parallels 上の Windows で動かすには、少々設定変更が必要なので、メモしておきます。

ネストされた仮想化を有効化

必要なシステム用件については下記ドキュメントをご参照ください。

Windows Phone Emulator の実行

システム用件を満たした上で、仮想マシンの設定を変更します。

Parallels の 仮想マシンメニューから、「構成」を選択。

f:id:yuwata:20140606120814p:plain

オプションタブの、最適化を選択します。

すると、「ネストされた仮想化を有効にする」というチェックボックスがありますので、これをチェックします。ご覧の通り、仮想マシン起動中は変更できませんので、シャットダウンした状態で設定変更を行いましょう。

f:id:yuwata:20140606121827p:plain

この設定変更を終えると、無事、Windows Phone Emulator を Parallels 上の Windows 内で動作させることができます。

f:id:yuwata:20140606122007p:plain

その他、エラーが出た場合には、公式ドキュメントに対処法が書かれていますので、ご参照ください。

Windows Phone Emulator の実行