読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yuta Watanabe's Blog

開発周りと、その他諸々

Windows Azure Mobile Services Xamarin.iOS サンプルプロジェクトの起動時エラー

こんにちは。

モバイルバックエンドを数分で構築できる Windows Azure Mobile Services。実は既に、Xamarin.iOS および Xamarin.Android にも対応しています。

f:id:yuwata:20140203172158p:plain

まだ英語版しかありませんが、チュートリアルも公開されており、すぐに試すことができます。ただ、Xamarin.iOS のサンプルプロジェクトを起動しようとすると、エラーが出てしまったので、対応方法のメモです。

Xmarin.iOS のWindows Azure Mobile Services 情報

Windows Azure Mobile Servies のチュートリアル 「 Get Started with Mobile Services 」は下記です。

また、Xamarin のコンポーネントストア上での Windows Azure Mobile Services コンポーネントのページもあるので、直接ダウンロードしたい方はこちらから。Windows Azure のポータルからダウンロードできるサンプルプロジェクトには、あらかじめコンポーネントが追加されています。

Windows Azure ポータルからサンプル プロジェクトをダウンロード

ドキュメントを参考に Windows Azure Mobile Services を新規追加し、サンプルプロジェクトをダウンロードしましょう。

f:id:yuwata:20140203171948p:plain

ダウンロードしたファイルを解凍し、Visual Studio で開きます。そのまま実行してみるとエラーがでます ( もちろん Mac Build Host とのペアリング等は実施済み )。

f:id:yuwata:20140203172016p:plain

構成プロパティで ” 配置 ” を追加

起動する前にデプロイしてね、と言われています。なぜそのような設定になっていないか謎なのですが、仕方ないのでソリューションのプロパティを変更します。

ソリューション エクスプローラーで、ソリューション名を右クリックし、プロパティを選択。

f:id:yuwata:20140203172711p:plain

構成プロパティタブを選択すると、プロジェクトのコンテキストで "配置" にチェックがついていないので、チェックをつけます。OK または適用で閉じます。

f:id:yuwata:20140203173242p:plain

すると、問題なくアプリがデプロイされ、デバッグが開始されます。

f:id:yuwata:20140203173036p:plain

 このあとは

Windows Azure Mobile Services のドキュメントには Xamarin.iOS のチュートリアルだけでなく、 Xamarin.Android のチュートリアルも追加されています。既存の Xamarin アプリにも簡単にコンポーネントを追加できるので、ぜひお試しください!