読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yuta Watanabe's Blog

開発周りと、その他諸々

Xamarin for Visual Studio をクラウド上の仮想マシンで試す

こんにちは。

マイクロソフトの渡辺です。

先日 11/12(水)に行われた開発者向けイベント Connect(); では、Xamarin と Microsoft の協業拡大が発表されました。主なポイントは下記の3点です。

  • Xamarin のプロジェクトテンプレートが Visual Studio 2015 に追加される
  • Visual Studio ユーザ向けに Xamarin Starter エディションが利用可能になる
  • MSDN サブスクライバー向けのオファーの拡充

Microsoft から発表された Visual Studio の新しい無料のエディションである Visual Studio Community や、プレビューが発表された Visual Studio 2015 において、Xamarin をより使い始めやすくなりました。この機会に Xamarin を Visual Studio で使ってみよう!と思った方も多いのではないでしょうか。

しかし実際のところ、ちょっと試しに触ってみよう!という理由だけで環境を整えるのは面倒だなぁというのも事実です。理由としては、

  • インストーラーがあるとはいえ、Visual Studio と Xamarin, 関連 SDK をインストールするのは面倒
  • 手元の環境にインストールしたくない、容量を確保できない
  • そもそも、Windows マシンを持ってません

などが挙がるかと思います。

そこで今回は、誰でも簡単に試すことができる、クラウド上の仮想マシンを利用して、Visual Studio と Xamarin が使える環境を作り、利用してみる流れをご紹介します。

Microsoft Azure アカウントの開設

まだ、Microsoft Azure のアカウントのお持ちでない方は、約2万円相当の使用権付の1か月無料評価サブスクリプションを取得しましょう。MSDN サブスクリプションをお持ちの方は、毎月 Azure のクレジットが含まれていますので、そちらをご利用ください。

仮想マシンの作成

Microsoft Azure のアカウントを開設した後は、さっそく管理ポータルにアクセスします。画面下部に "新規" というボタンをクリックし、コンピューティング -> 仮想マシン -> ギャラリーから、と進みます。

f:id:yuwata:20141119154600p:plain

すると、仮想マシンの作成に使うイメージの選択画面が表示されます。

Microsoft Azure の仮想マシンを利用すると嬉しい点の1つは、既に Visual Studio Community 2013 や Visual Studio Ultimate 2015 Preview がインストール済みのイメージを利用できることです。

ここでは Visual Studio Ultimate 2015 Preview のイメージを選択して進みます。

f:id:yuwata:20141119154853p:plain

このあとは、仮想マシンの構成を設定します。ここで設定するユーザ名とパスワードは、後ほど仮想マシンにログインする際に使います。

f:id:yuwata:20141119155140p:plain

f:id:yuwata:20141119155146p:plain

f:id:yuwata:20141119155152p:plain

仮想マシンの設定が完了すると、作成が始まります。少々お待ちいただくかもしれません。作成が完了すると、通知が表示され、"仮想マシン"タブに作成された仮想マシンが表示されます。

f:id:yuwata:20141119155401p:plain

f:id:yuwata:20141119155406p:plain

f:id:yuwata:20141119155410p:plain

仮想マシンに接続する ( Windows 編 )

それでは作成された仮想マシンに接続してみましょう。接続する仮想マシンを選択し、画面下部のメニューから "接続" ボタンをクリックします ( グレーアウトされている場合は、"開始" を押して仮想マシンを起動してください )。すると、接続用の .rdp ファイルがダウンロードできるので、保存して開きます。

仮想マシン作成時に設定したユーザ名とパスワードを使って接続します。

f:id:yuwata:20141119172308p:plain

f:id:yuwata:20141119172313p:plain

f:id:yuwata:20141119172319p:plain

リモートデスクトップ接続が無事行えると、仮想マシンが表示されます。

f:id:yuwata:20141119172639p:plain

仮想マシンに接続する ( Mac 編 )

Mac からも、リモートデスクトップ接続を利用することができます。あらかじめ App Store から Microsoft Remote Desktop アプリをダウンロード & インストールしておきましょう。

f:id:yuwata:20141119173219p:plain

Azure の管理ポータルで、接続したい仮想マシンを選択し、画面下部の接続ボタンをクリックします ( グレーアウトされている場合は、"開始" を押して仮想マシンを起動してください )。すると、接続用の .rdp ファイルがダウンロードが開始されるので、保存して開きましょう。

f:id:yuwata:20141119174016p:plain

仮想マシン作成時に設定したユーザ名とパスワードでログインし、進みます。

f:id:yuwata:20141119174022p:plain

f:id:yuwata:20141119174030p:plain

f:id:yuwata:20141119174043p:plain

リモートデスクトップ接続が無事行えると、仮想マシンが表示されます。これで、Mac 上でも Visual Studio を使う準備が整いました!

f:id:yuwata:20141119174050p:plain

Visual Studio 2015 Preview を起動してみる

デスクトップにあるショートカットから、Visual Studio 2015 Preview を起動してみましょう。

f:id:yuwata:20141119175443p:plain

追加された Xamarin のプロジェクトテンプレートを見てみます。Android および iOS それぞれテンプレートがあらかじめ追加されていることが分かります。

f:id:yuwata:20141119175431p:plain

f:id:yuwata:20141119175437p:plain

しかし、プロジェクトを作成してみると、「 Install Xamarin to develop iOS and Android apps in C# 」というメッセージと、ダウンロードボタンが...。

f:id:yuwata:20141119175457p:plain

公式のアナウンス記事を改めて見てみると、

Today, we released support for the Visual Studio 2015 Preview release, which includes Xamarin templates that make it easier to discover and download Xamarin from within the IDE. And Microsoft is now including templates for building iOS and Android apps with Xamarin directly in Visual Studio 2015.

ということなので、Visual Studio の中から、Xamarin がより発見しやすく、ダウンロードしやすくなったということのようです。ダウンロードボタンを押して Xamarin をインストールしましょう。

Xamarin をダウンロード & インストール

ダウンロードページに誘導されますので、必要事項を入力してダウンロードします。

f:id:yuwata:20141119175511p:plain

ここでダウンロードされるインストーラーは Visual Studio 2015 用になっていて、Visual Studio 2015 Preview  対応バージョンの Xamarin がインストールされるようになっています。

Visual Studio 2015 Preview と Xamarin を使用する場合は初回起動時の Stable アップデートを絶対に行わないでください。アップデートすると、バージョンがダウンして多分 VS から使えなくなります
VS Community 2013 と VS 2015 Preview と Xamarin のまとめ (2014/11/13 現在) - Xamarin 日本語情報

2014/11/19 追記。

@moonmile さんより教えていただいたのですが、Stable に落としても大丈夫とのことです。

f:id:yuwata:20141119180232p:plain

適宜、利用規約に同意しながら進むと、Xamarin を含め関連の SDK インストールが始まります。インストール完了まで、しばしお待ちを。

f:id:yuwata:20141119180239p:plain

f:id:yuwata:20141119180244p:plain

これで、Xamarin を使う準備完了です!

プロジェクトテンプレートを確認してみると、Android、iOS ともに各プロジェクトのテンプレートが追加されていることがわかります。

f:id:yuwata:20141119180700p:plain

f:id:yuwata:20141119180705p:plain

このあとは

以上が、Xamarin for Visual Studio をクラウド上の仮想マシンで試す流れになります。

仮想マシンですので、使っていないときはシャットダウンしておくことで課金を減らすことが出来ますし、使わなくなったら削除すればいいわけです。

最新の Xamarin や Visual Studio を普段使っている手元のマシンにインストールするのはちょっと...という方も、ぜひ仮想マシンを利用して環境を作り、最新機能をお試しください!

Xamarin 関連リソース