読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yuta Watanabe's Blog

開発周りと、その他諸々

Visual Studio Tools for Unity 2.0 Preview の新機能等

こんにちは。

マイクロソフトの渡辺です。

2014年11月12日・13日に開催された Microsoft の開発者向けイベント Connect(); にて、Visual Studio Tools for Unity ( UnityVS ) の最新バージョン、Visual Studio Tools for Unity 2.0 Preview が発表されました。Visual Studio 2010, 2012, 2013 にて引き続きご利用頂けると共に、Visual Studio 2015 Preview にも対応しています。

また、Visual Studio Professional 相当の機能を持つ ( つまり拡張機能をインストールできる )、 "無料" のエディション Visual Studio Community 2013 が発表され今後は完全無料で Unity 開発に Visual Studio を利用できるようになりました ( ※ Visual Studio Community 2013 の利用条件は、公式ページをご確認ください ) 。

今回は、この新しい Visual Studio Tools for Unity 2.0 Preview で、新たに追加された機能や改善された点等をご紹介します。

※2015/1/14 追記:Visual Studio Tools for Unity の概要は「 Visual Studio Tools for Unity ( UnityVS ) で Unity 開発/デバッグの生産性を上げよう 」をご覧ください

※2015/1/14 追記:スライドでもまとめました適宜ご参照ください

シェーダ ( Shader ) ファイルの編集

追加してほしい機能として要望の多かった、Visual Studio 上でのシェーダ ( Shader ) ファイル、.shader ファイルの編集に対応しました。特に Visual Studio 2015 Preview では、シンタックスハイライトにも対応しています。

f:id:yuwata:20150109123917p:plain

コレクション ( ArrayList, List, Hashtable, Dictionary ) の表示改善

デバッグ時に、よく使われるコレクション ( ArrayList, List, Hashtable, Dictionary ) がより分かりやすく表示されるようになりました。ローカルウィンドウ、またはウォッチウィンドウより値を確認できます。

f:id:yuwata:20150109124126p:plain

f:id:yuwata:20150109124119p:plain

Public でないメンバーや Static なメンバーをカテゴリ分けして表示

ローカルおよびウォッチウィンドウ内で、Public でないメンバーや Static なメンバーは、Public メンバーとは別にカテゴリー分けして表示されるようになりました。外部のライブラリで定義された型を Unity スクリプトから呼び出す際に、その内部的な実装について細かく見ていく機会は少ないと思います。デフォルトでは、Public なメンバーのみ直接表示し、Public でないメンバー、Static なメンバーについては、必要な際にツリーを開いてご確認いただけます。

f:id:yuwata:20150109124147p:plain

ウィザードによる MonoBehaviour の挿入

Visual Studio Tools for Unity には、MonoBehavior ウィザード ( Ctrl + Shift + M ) と クイック MonoBehavior という2つの MonoBehavior 実装支援機能があります。これらの機能を使って挿入されるコードが、ユーザが設定するコーディングスタイルに準拠するようになりました。

コーディングスタイルは、"ツール" メニューのオプション内の、テキスト エディターの項目から設定できます ( もしくは、Visual Studio 右上部の "クイック起動" より直接呼び出せます )。

f:id:yuwata:20150109124508p:plain

クラスと構造体に対する DebuggerDisplayAttribute の実装をサポート

DebuggerDisplayAttribute を使うと、デバッグ時に変数ウィンドウ内でどのように表示されるかを指定できます。単純にプロパティ名や値使うのではなく、それらをカスタマイズして組み合わせた表示もできます。

f:id:yuwata:20150109124605p:plain

また、DebuggerTypeProxyAttribute の実装をサポートもされ、型の表示プロキシを指定することで、より柔軟に開発者が表示をカスタマイズすることができるようになりました。

T4 テキスト テンプレートによるファイルの生成

Visual Studio Tools for Unity のプロジェクトにおいて、Visual Studio の T4 テキスト テンプレートの使用がサポートされました。デザイン時 T4 テキスト テンプレートを用いて、入力ファイルから動的にファイルを生成することができます。例えば XML ファイルを入力として、XML ファイルを変更する度にテキストテンプレートを用いてコードを再生成すると、要件が変わった際に構成を素早く変更でき、変更の信頼性も高まります。

f:id:yuwata:20150113111816p:plain

その他の改善

SerializedProperty のデバッグ時の表示

インスペクタのカスタマイズをする際等に使用する SerializedProperty が持つ値の、デバッグ時の表示方法を改善しました。Serialized Property は intValue や floatValue をはじめ様々な型のフィールドを持っていますが、デバッグ時には、これらのフィールドの中で実際に値を持っているフィールドのみを表示します。この改善により、プロパティの値が確認しやすくなったのはもちろんですが、無駄な例外が発生しないので表示速度が向上しています。

ResX リソースの追加

Visual Studio Tools for Unity が生成するプロジェクト内で、ResX リソースがサポートされました。リソースをプロジェクトに追加すると、生成された C# ファイルの名前が .resx ファイルと同じである限り、VSTU が自動的に認識します。

既知の問題への対応

  • Visual Studio から "Attache and Play" が行われた後、Unity Editor 上でゲームが開始される前に、ソケット接続を初期化するように修正しました。これは "Attach to Unity and Play" を行った際の Unity Editor と Visual Studio の接続の安定性を向上のためです。
  • Unity をフリーズさせがちなメソッドの呼び出しを避けるようにしました。これにより、デバッガーをアタッチした際のフリーズを防ぎます。
  • シンボルがない場合のコーススタックの表示を修正しました。
  • 必要なければ、ログコールバックを登録しないようにしました。

関連情報


Visual Studio Tools for Unity ( UnityVS ) で Unity 開発/デバッグの生産性を上げよう - Yuta Watanabe's Blog

Visual Studio Tools For Unity 2.0 Preview