読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yuta Watanabe's Blog

開発周りと、その他諸々

Windows ad mediation を導入した Windows Phone アプリの申請と最適化

こんにちは。

マイクロソフトの渡辺です。

「 アプリ内での広告掲載による収益を最大化する Windows ad mediation 」に続き前回の「 Windows ad mediation を Windows Phone アプリに実装する 」では、Windows ad mediation を Windows Phone アプリに実装する流れをご覧頂きました。

今回は、Windows ad meidation を導入した Windows Phone アプリをストアに申請し、その後広告の配信を最適化していく流れをご紹介します。

Windows Phone アプリの申請またはアップデート時の設定

Windows ad mediation を導入した Windows Phone アプリを新規に申請またはアップデートすると、Windows ad mediation の設定項目が申請画面に表示されます。

具体的には、ストアに申請用のパッケージをアップロードすると、アップロードしたパッケージの情報が表示され、

f:id:yuwata:20141113090915p:plain

その下に Windows ad mediation の設定セクション「 Ad mediation configuration」が表示されます。

f:id:yuwata:20141113091020p:plain

設定項目には既に、Visual Studio で行った各アドネットワークに関する設定情報が挿入されています。ここでは、まず Baseline、つまり既定の設定を行います。

"Would you like to spread ad requests equally across all your ad networks?" に対して "Yes" を選択すると、各アドネットワークが同じ割合でローテーションされます。これは最も簡単な設定です。まずは均等に表示して各アドネットワークのパフォーマンスを確認し、その後割合を調整して最適化してくといいでしょう。

各アドネットワークの表示割合を個別調整する場合は下図のように "No"を選んでいただき、それぞれ割合を選択していきます。

f:id:yuwata:20141113091115p:plain

既定の設定が完了したら "Save Baseline configuration"をクリックして保存します。Baseline configuration の保存が終わると、次に各国別の設定を行うことができます。例えば、アメリカではこのアドネットワークの割合を多めに、というような調整が可能です。

こちらの設定を申請時に行うこともできますし、後ほどダッシュボードから動的に変更することもできます。なので、ここでは特に既にはっきりしているアドネットワークの向き不向き等を設定しておきましょう ( 例えば、あるアドネットワークは、いくつかの国では広告が配信されない場合、"Dont use "に設定しておく等 )。

f:id:yuwata:20141113091159p:plain

申請時に必要な他の設定は、通常のアプリ申請、アップデートの流れと同様です。

Windows ad mediation を利用した広告配信の最適化

Windows ad mediation を導入した Windows Phone アプリを公開すると、開発者ダッシュボードには Ad mediation メニューが表示されます。

f:id:yuwata:20141106225108j:plain

開発者はこの画面から、アプリ公開後も動的に Ad mediation の設定を変更することが出来ます。変更された設定はすぐに反映され、次にユーザがアプリを起動した際は、新たな設定に基づいて広告が表示されます。

また、レポートでは、

  • Ad mediator fill rate ( アプリごと、もしくは全てのアプリの fillrate )
  • Ad provider fill rate ( アドネットワークごとの fillrate )
  • Configuration adoption rate ( 新しい設定が読み込まれたアプリの割合 )
  • Mediation error breakdown ( エラーレポート ※タイムアウト等 )

を確認することが出来ます。こちらで、Ad mediation の状況の概要を把握し、eCPM や国ごとの結果等詳細情報は、各アドネットワークのレポートを参照しましょう。

Ad mediation による広告配信の最適化

各アドネットワークの fillrate や eCPM を元に、mediation の設定の見直しを定期的に行います。基本は、より高い eCPM のネットワークをより優先して表示するとともに、fillrate を高めて機会損失を防ぎます。

最初から最適な設定を行うことは難しいので、各アドネットワークの配信状況をレポートで確認しながら、徐々に最適な設定を見出していく流れです。

以下に MSDN ドキュメントでも紹介されている Ad mediation の設定を参考に、いくつか例をご紹介します。

例1.  各アドネットワークの eCPM と fillrate を確認する

最適化していく前に、各アドネットワークの eCPM と fillrate チェックしてみましょう。この場合はまず、各アドネットワークを均等配信します。

例2. Microsoft Advertising を出来る限り利用する

  • Microsoft Advertising : 100%
  • 他のネットワーク:Backup

Microsoft Advertising が広告配信できないときに限り、Backup に設定した他のアドネットワークから広告を取得します。

例3. Microsoft Advertising を通常は最初に呼び出し、次に、AdDuplexを、その後 Smaato を呼び出す

  • Microsoft Advertising : 90%
  • AdDuplex: 10%
  • Smaato: Backup
  • 他のネットワーク:Do not use

Microosft Advertising が広告を配信できない場合に、Smaato より優先して AdDuplex を表示するようにします。

例4. Microsoft Advertising と AdDuplex を均等配分

  • Microsoft Advertising : 50%
  • AdDuplex: 50%
  • 他のネットワーク:Backup

均等配分ということで、1つのネットワークだけを利用する場合よりも、様々な広告が配信されます。Microsoft Advertising と AdDuplex のいずれもが広告配信不可の場合は、Backup に設定された他のアドネットワークからランダムに選択されます。

このあとは

今回は、Windows ad mediation を導入したアプリの申請と最適化の流れについてご紹介しました。「 アプリ内での広告掲載による収益を最大化する Windows ad mediation 」でもご紹介しましたが、アプリ内広告は開発者に多くの収益をもたらすマネタイズ手段の1つです!ぜひ、Ad mediator も活用しながら、アプリの収益化を進めてみてください。

参考リソース


アプリ内での広告掲載による収益を最大化する Windows ad mediation - Yuta Watanabe's Blog


Windows ad mediation を Windows Phone アプリに実装する - Yuta Watanabe's Blog


Windows ad mediation を導入した Windows Phone アプリの申請と最適化 - Yuta Watanabe's Blog